血液型占い、片思いを成就させるためのポイント

血液型占いは、とてもポピュラーな占いです。テレビや雑誌など、ネットでも多くの0よく当たる占い師の血液型占いが載っています。片思いの方、必見の恋愛成就ポイントをカンタンに挙げてみましょう。

その前に…絶対に当たる占いだとは思わないでください。あくまでも、ひとつのコツです。それでも、当たる占いではないともいえません。最終的には自分の判断と行動です。

どんなに有名な当たる占い師にみてもらっても同じことを言われます。最後は自分自身です、と。この占い当たると評判が高いところへ並びに行っても変わりません。自分自身の行動が大切になってきます。それでは自分の血液型を確認してください。

・A型

生真面目です。プライドが高いと思われているかもしれません。ふられるのを恐れるタイプが多いようです。几帳面さを利用してください。一途な気持ちを全面に出せば本気度が伝わるはずです。

・O型

大胆です。おおらかな性格から、積極的と誤解されている場合もあります。自分のペースを貫くということは逆にいえば一方的に押していると相手に思われているかもしれません。少し引くという余裕を持てば良い結果が得られるでしょう。

・B型

マイペースです。八方美人的な面を出し過ぎると失敗します。素直な笑顔を武器に、積極的にアプローチしましょう。心からの笑顔は相手をイヤな気分にはさせません。気持ちを全面に出せば成功する確率が上がるはずです。

・AB型

気まぐれです。逆にいえば自分の興味のある話題では盛り上がります。反面、興味のない分野は黙ってしまい、失敗するかもしれません。聞き上手であることを意識してください。相手の話を真剣に聞くのは好感度がアップします。

参考になりましたか?あくまでもカンタンによくある性格判断から特徴を取り出してみたものです。当然、これは相手の血液型にも当てはまります。ぜひ、一度、意識して試してみてください。

思いを伝えるのが怖い

今、好きな人がいるのだけれど、一方的な片思いで、思いを伝えるべきかどうか迷っている人や、相手が自分のことをどう思っているのか知りたい人、たくさんいると思います。
勇気を出して思いを伝えて、いい結果になれば、とっても幸せですよね。
今までなんともなかった平凡な風景が、キラキラと輝いて見えることでしょう。

しかし、思いを伝えて、残念ながらいい結果でなかった場合は、ギクシャクした関係になってしまい、余計につらくなってしまう可能性があります。
「あの時、自分が思いを伝えなければ、我慢していれば、今も仲良しのままでいられたかもしれないのに…。」と後悔してしまうこともあるかもしれません。
たとえどちらの結果になったとしても、自分の気持ちをほかの人に伝えることは、とてもすてきなことだと私は思います。

でも、どうしても思いを伝えることが怖いと思う人は、まずは、評判のいい、当たる占い師に頼ってみましょう。
占い師は、たとえ自分自身や占う相手が近くにいなくとも、遠隔鑑定という方法を用いて、電話やメールでも占いを行うことができるのです。
なので、例えば自分が当たる占い師の活動拠点から遠いところに住んでいたとしても問題はありません。

当たる占い師というのは、やはりそれだけ占ってもらったことのある人数も多いでしょうし、実績も多いです。
そのため、「この占い師の占い当たる!」といったような口コミや体験談が多く出回っていると思います。
インターネットでその当たる占い師について調べてみてください。
勇気を出して、占い師に頼ってみてください。
特に当たる占い師は、相手が自分のことをどう思っているかだけはなく、今後どうするべきかという的確なアドバイスもくれると思います。
悩むのは、そこからでも遅くはありません。
今悩んでいる方々がひとりでも多く幸せになることができるよう、祈っています。

過去を占い前世占いとは

占いをしてもらう時にその時の自分の調子を占う場合があります。
すごく調子が悪いんだけど、実はどうなんだろうと気になった時に占ってもらったりします。
これが当たる占いかどうかは別として、もし本来は調子が良いはずであると占いの結果がでれば、気持ちを強く持って明日からの生活に期待できるかも知れません。

また、「来年はどうなのか」、また「今後の人生の全体的な運勢はどうなのか」などを占うこともメジャーであります。
特に将来的に幸せになれるかなれないかなので、当たる占いのお店などにはお客さんが口コミなどであつまり、自分の将来的な運勢を見てもらってまずければ、今後どうすれば良いのかを考えるでしょう。

このように当たる占いであれ、当たらない占いであれ、基本的には現在よりも未来のことを占う占いは非常に多くあります。
もし、その占いの結果を書き、そして、それからの生活を毎日記したノートと一緒に保管しておけば、本当に当たる占いなのかどうかをしることはできます。

ただ、占いの中には本当に当たる占いなのか、当たらない占いなのかを現時点で知ることができない占いがあります。
それは、前世占いと呼ばれるもので、これは、いくつかの質問に答えて導き出されるものや、生年月日などをいれて占うものです。
そして、何を占うかというと、自分の前世が何であったりします。
当然ではありますが、人間とは限らない場合もありますし、動物だったりもします。または、自分の前世の性格診断も占えることもあるそうで、前世が人間であったとしたら、こんな性格だったのではないかと占えるようです。

そして前世占いと相性占いをかけたものもあります。
それは、自分の前世の性格と、気になる人の前世の性格の相性を占うものであります。
基本的には二人の生年月日などを入力して、それで判断するものです。
前世が二人とも人間であれば良いのですが、動物同士やどちらかが人間であったりとかもします。ありえない状況ではありますが、こうしたことも占いの楽しみ方の一つなのかも知れません。

雑誌などの星占いの良い捉え方とは?

雑誌などの後ろのページに載っている星占いや、テレビで紹介される星占いには多くのファンがいるものです。

いつも見ている雑誌を購入すればまず見るページは星占いのページだったりもするのですが、これは当たる占いとして捉えている人はどれくらいいるのでしょうか?

少ししか紹介されないページなので、良い事や、悪い事を小出しに書かれている場合が多いです。

テレビで紹介されている星占いでも1つの星座についてそこまで長々と説明するような紹介の仕方ではないので、あっという間に自分の星座が通り過ぎてしまう場合も多いです。

しかし人々はそのちょっとした事でも知る事が好きなのです。

得にこのような気軽に見れる星占いなどは、そこまで重く捉える必要がないという点でも人気はあるようです。

当たる占いかどうなのかは、その月が終わってからだったり、その日が終わった時にしか分からないので、当たる占いを見たかどうかも忘れてしまっている人は実際には多いのです。

得にこの類の星占いを見ている人の多くはいい情報は覚えておいて、悪い情報が書かれていればそれは都合よく忘れる事が出来るようです。

これは占いを見る事で相当よい事なのではないでしょうか?

悪い事を書かれてしまってずっと引きずってしまったせいで楽しくない一日を送るよりは、良い事だけを覚えて、一日の終わりに良い一日だったと思える方が何となく人生を得に生きているような気もしますね?

雑誌やテレビでの星占いを見る時は、当たる占いだという事を前提にして、良い事だけを覚えておくようにすればそこまでマイナスな事が言われたとしても気にせずに過ごせるのです。

また、もっと追求をして星占いを調べて欲しいとか、当たる占いを真剣に探している場合は、テレビや雑誌ではなく、占い師に直接会いにいって話を聞いてもらう方法が一番よいのではないでしょうか?

国家的星占い

西洋的な星占いが発達したバビロニアに見られた初期の占星術は、司祭階級が扱うものでした。空は神の住まいであり、惑星は神の姿であるのだから、それを扱うのは司祭であったのは当然だったのでしょう。また、当時に限らず中世ぐらいまでの西洋では、書物に対する機会の多い聖職者は最大の知識階級であったということも忘れてはいけません。学問とはお金のかかるもの、自身が貴族などの特権階級であるか、あるいはその庇護下にあるか、そうでなければ聖職者にでもならなければ勉強などできなかったのです。

そうした司祭たちが当たる占いとして、政治や戦争、または宮廷の人々の個人的な運勢を占い、宮廷運営の一翼を担っていたようで、まさに「国家的な星占い」であったそうです。言い換えると、当時の占星術とは支配者のものであり、個々の人々の運命を占うようなものではなかったのです。

この当時、当たる占いとして占われた内容は、変わらない運命ではなく、宗教儀式や魔術、また個人の努力によって変えられるものだとされていました。
こんなエピソードがあるそうです。
紀元前7世紀のアッシリア王エサルハドンが在世中月食が訪れました。

月食は悪しき兆候であり、王の健康に害を及ぼすと考えられていました。
これを恐れた王は月食が起こるときに身代わりの王を立て、王自身は月食の影響を受けぬよう寺院にこもった。
さらに月食が終わったあとに害が自分を含めた周囲に及ばないように、身代わりに王となった者を殺してしまい、やっと安心したというのです。
一見残酷で、ばかばかしい話に思えるかもしれませんが、このことは、当時の人々がどれほど星の予言を真剣に受け止め、憂えていたかを伺い知る事ができます。

当たる占いとして、善きことが予言されたなら、その吉事を神に感謝するために祝祭が催される。
当たる占いとして、悪しき予兆があるならば、禍を回避せんと努力する。古代日本の邪馬台国が巫女を女王として戴いていたように、当たる占いとは、国家の趨勢を決める大切なものであったのです。

Copyright© 2010 オススメの星座占いランキング All Rights Reserved.